記事一覧

東京デザインスタジオ ニューバランス新作

ニューバランス(New Balance)が展開する東京デザインスタジオ ニューバランス(TOKYO DESIGN STUDIO New Balance)は、「東京デザインスタジオ ニューバランス ニオビウム カプセルコレクション」のスニーカー「TDS ニオビウム コンセプト 1」新色とアパレル、バッグを2020年9月12日(土)にディストリクトユナイテッドアローズをはじめとする限定店舗で発売する。
ルイヴィトン靴・スニーカー
アウトドア / 都市 / 家を繋ぐスニーカーやウェア

カプセルコレクションでは、アウトドア / 都市 / 家までをシームレスに繋ぐ、新たなライフスタイルにぴったりのアイテムを展開する。

サンダルに変形可能なスニーカー「TDS ニオビウム コンセプト 1」新色

「TDS ニオビウム コンセプト 1」は、2020年8月にスノーピーク(Snow Peak)と東京デザインスタジオ ニューバランスのコラボレーションにより発売されたスニーカー。今回は、ヴィンテージ・アウトドアギアから着想を得たイエローと、都会的なトリプルブラックといった、2色の新色が登場する。

「TDS ニオビウム コンセプト 1」は、透湿防水素材「eVent」のブーティーとサンダルライニング、2種類のアッパーを付け替えることができるのが特徴。ニューバランスのトレイルランニングシューズ「MT801」のソールユニットをベースに、水辺や悪天候時に最適な防水ブーツ、室内外の移動で簡単に着脱できるアウトドアサンダル、室内用スリッパの3段階に変形可能となっている。まさにアウトドア / 都市 / 家を繋ぐ1足だ。

イッセイ ミヤケ ウオッチ“楕円形”の新作腕時計

イッセイ ミヤケ ウオッチ(ISSEY MIYAKE WATCH)から、新シリーズ「エリプス(ELLIPSE)」が誕生。2021年7月9日(金)より発売される。

イッセイ ミヤケ ウオッチ、20周年記念の新作「エリプス」

コンセプトに「革新的かつ普遍であること」を掲げ、世界で活躍するプロダクトデザイナーたちと共に、現代を生きる人々の腕元に新しい価値を提案してきたイッセイ ミヤケ ウオッチ。今回新たにラインナップに加わる「エリプス」は、プロジェクトの誕生20周年を記念して誕生したアニバーサリーシリーズだ。

深澤直人がデザイン

デザインを担当したのは、過去に同プロジェクトで「トゥエルブ(TWELVE)」シリーズを手掛けた深澤直人。電子精密機器から家具、インテリア、建築まで、様々な領域を横断する深澤は今回、ケース形状に着目。幾何学的な“楕円”を意味する「ELLIPSE」の名の通り、わずかに縦方向に湾曲した楕円形のケースを生み出した。

エレガントな楕円形のケース

一般的に時計は丸をベースに作られるが、これは針の回転が円軌道を描くため。「エリプス」ではムーブメント機構上定められたストップウオッチ軸の2点から楕円を割り出し、よりエレガントに見えるようわずかに細長く調整。楕円形のケースの中に円軌道を自然にはめこんだような、特徴的なケースデザインに仕上げている。

ダイヤルデザインは、楕円の美しさが引き立つクロノグラフと、シンプルな3針タイプの2種類。それぞれ、シルバーカラーのケースにメッシュのブレスレットを組み合わせたレギュラーモデルと、落ち着いたゴールドカラーのケースに黒のカーフストラップを組み合わせた20周年限定モデルの2種類で展開される。

リーバイス×ニューバランス限定スニーカー

リーバイス(Levi's)とニューバランス(New Balance)が、限定ユニセックススニーカー「リーバイス×ニューバランス M1300CL」を発売。2020年4月24日(金)より、リーバイス 原宿 フラッグシップストア、リーバイス 大阪、ドーバーストリートマーケット ギンザなどで販売される。

ニューバランス「M1300」とは
「リーバイス×ニューバランス M1300CL」は、ニューバランス「M1300」シリーズの35周年を記念した限定コレクション。「M1300」は、1985年にテクニカルランニングシューズとして誕生し、優れたクッション性やブランドを象徴するグレーカラー、オーセンティックなデザイン、クオリティの高いヌバックレザーとメッシュのコンビネーションで人気を博したスニーカーだ。

発売当時、ランナーだけでなく、ファッション、カルチャーシーンからも注目を集め、アメリカで130ドル、日本では39,000円という当時のランニングシューズ市場では類を見ない価格設定も話題を呼んだ。

1995年以降は、約5年の周期で復刻。2020年2月22日(土)には7代目となる「M1300JP3」が発売されるなど、スニーカーファン垂涎のモデルとなっている。

スエード&デニムアッパーのコラボスニーカー

そんな「M1300」から派生したクラッシックバージョンが、今回のコラボレーションモデルのベースとなっている「M1300CL」。「M1300」より屈曲性を高めている点も特徴的だ。

「リーバイス×ニューバランス M1300CL」では、リーバイスの歴史あるシューズコレクション「Levi's for feet」を着想源に、クラシックな「M1300CL」シルエットにスエード&デニムのアッパーを落とし込んだ。デニムファブリックには2017年に閉鎖されたアメリカ・コーンミルズ社ホワイトオーク工場のデッドストックを使用。
製造は同じくアメリカ・メイン州のニューバランス・スコヘーゲン工場で行われ、2つのアメリカブランドの品質と職人技が結集した特別な一足に仕上がっている。
オレンジの中敷きにはリーバイスのロゴ、シューズの左側面にはリーバイスのオレンジタブを配して。ボックスの底にはオレンジカラー、上部はリーバイスのレザーパッチカラーを採用し、ハングタグも付属した。
なお、リーバイスとニューバランス MADE IN USA モデルがコラボレーションするのは、今回が初の試み。また、1969年に当時の若者たちの自由で開放的なスピリットを反映したラインとして誕生した「オレンジタブ」が、シューズブランドで使用されるのも、今回が初めてとなる。

MK シグネチャー


アイコニックなシグネチャーロゴをキャンバスに総柄プリントしたライン「MK シグネチャー」では、新作リュック「スレーター ラージ バックパック」が登場。バッグ本体に加え、ショルダーストラップにもMKロゴプリントをあしらい、シックな佇まいに仕上げた。レザーと金具を組み合わせたチェーンがデザインにアクセントを効かせる。

ブルガリ アルミニウム スティーヴ


ブルガリ(BVLGARI)の「ブルガリ アルミニウム スティーヴ・アオキ 限定モデル」は、世界的DJのスティーヴ・アオキにオマージュを捧げる腕時計だ。暗闇の中で光るスーパールミノバのホワイトダイアルは、発光するとスティーブ・アオキのシグネチャーロゴが浮かび上がる。チタン製のケースバックとリューズにはダイヤモンドライクカーボン仕上げを施し、ブルガリとスティーブ・アオキのダブルネームを刻印した。

人気の高級腕時計—ショパール


ショパールは、ジュエリーをちりばめたラグジュアリーウォッチで有名な、スイスの高級時計&ジュエリーブランド。
フォーマルやビジネスシーンにマッチするクラシカルな腕時計。18Kローズゴールド製。
スポーティな中にもエレガントな印象を添えた「ハッピースポーツ ウォッチ」。女性らしさと現代性にあふれるスポーツウォッチです。
文字盤にはマザー・オブ・パールを、ベゼルニダイヤモンドをセットしたラグジュアリーウォッチ。

B.ZERO1(ビーゼロワン)


「ジュエリーでも大人気」ビーゼロワンのデザインを取り入れたロングセラーモデル。丸い形も可愛らしいアクセサリー感覚で使えるウォッチは、パーティなど華やかなシーンにも◎

アシックス×ヴィヴィアン・ウエストウッドのコラボスニーカー、かかとにリフレクター仕様の「オーブ」

アシックス(ASICS)とヴィヴィアン・ウエストウッド(Vivienne Westwood)のコラボレーションスニーカー「ゲルカヤノ 26(GEL-KAYANO 26)」が、2020年9月28日(月)にヴィヴィアン・ウエストウッド 直営店、公式オンラインショップにて発売される。

アシックス×ヴィヴィアン・ウエストウッド コラボスニーカー

2019年に続いてのタッグとなるアシックスとヴィヴィアン・ウエストウッド。新作の「ゲルカヤノ 26」は、アンドレアス・クロンターラー フォー ヴィヴィアン・ウエストウッド 2020年秋冬コレクションのランウェイで披露されたスニーカーだ。カラーは白と黒の2色を揃える。

コラボレーションスニーカーの着想源となったのは、「ウエストウッド」と「マルコム・マクラーレン」による1982-83 ‘Nostalgia of Mud’コレクションに登場したサックシューズ。足を包み込む一枚革のプリミティブなデザインを、未来的なメッシュカバーを用いて表現している。

リップストップ生地にメッシュカバーを配した二層構造のアッパーは、メッシュからアシックスのロゴが覗くモダンなデザインが魅力。ヒールカウンターにはヴィヴィアン・ウエストウッドのシグネチャーである「オーブ(ORB)」がリフレクター仕様であしらわれている。

また、快適な機能性にも注目。「ゲルカヤノ 26」のミッドソールには、反発性に富んだ「FLYTEFOAM Propel」を搭載し、かかと部分の「ゲル(GEL)」によって衝撃を緩和。内側には硬度の高いフォーム材「DUOMAX」を用いることで着地直後の足の内側への倒れ込みを抑えている。さらに、シューレースでは無くゴム紐のストラップ仕様になっており、容易な着脱を叶える。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ